カテゴリー「MIYAのお勧め商品」の記事

2015年11月 7日 (土)

パソコンで年賀状を作るなら本屋さんへGO!【2016年版】

今年もそろそろ年賀状について考え始める時期がやって来ました。

パソコンを買い換えると今まで使っていた年賀状作成ソフトが無かったりして困りますよね。
そういう時は前のパソコンで使っていたソフトをインストールしたり、新しくソフトを買ったりすると思いますが、前のソフトでは Windows8.1 や Windows10 で動かなかったり、バージョンアップ版を購入しても 3,000~4,000円くらいかかったりします。

でも、ちょっと思いとどまって本屋さんに行ってみてください。
この頃になると年賀状の画像集がたくさん売っていまが、その中に「ソフト付」の物があるんです。


筆まめでつくる
世界一かんたん
年賀状 2016

筆王でつくる
かんたん年賀状
2016

筆ぐるめでつくる
世界一かんたん
年賀状 2016

来年の年賀状で使う画像がたくさん付いているうえに、住所の印刷なら十分に使える簡易版のソフトが付いているんです。
前と同じソフトの新しい版ですので、住所録の引き継ぎも楽々です。

最新の Windows に対応したソフトが 500~1,000円で買えるんですから、
これを利用しない手はありません。

大判の本は保存に困るという場合にはセブンイレブンでも売っています。
こちらは A5判で 491円+税。小さいから保存も楽々です。
(ローソンでも別版を売ってました。)

Fudemame2016

筆まめ らくらく年賀状 2016

新しいパソコンの状況を調べたり、データの引っ越しや新しいソフトのインストールなど、
解らないことがあったら MIYA に相談してくださいね。

2013年12月 5日 (木)

年賀状ソフトは本屋で買おう!コンビニ専用本もあります

20131202_2014

ふと気が付くともう師走ですね。
今年も年賀状の季節がやってきました。

年賀状ソフトメーカーからは新しい 2014年用へのバージョンアップの案内が届いていると思います。
ほとんどの人が干支の絵柄が変わるので仕方なくバージョンアップしていると思いますが、

毎年バージョンアップしていたのでは
もったいないですよ!

表書きの住所印刷のためにパソコンを使っている方はもとより、裏書きのワンポイントを変えるくらいなら
従来のデータにも多少の絵柄はあるはずです。

また、裏面の絵柄なら本屋さんで売っている年賀状本の方が多彩な絵柄が CD-ROMで付いてきますし、
パソコン画面ではなく本のページを目で見て決めることができますので便利です。

ぜひ本屋さんに足を運んでみてください。
お使いの年賀状ソフトに対応した本が
きっと見つかると思います。

パソコンを買い替えたら今まで使っていた年賀状ソフトが使えなくなったという方にも本屋さんはお勧めです。

すらっと並んだ本の中には『年賀状ソフト付』と謳った本が多数有り、その中には「筆まめ」「筆王」「筆ぐるめ」などの代表的な年賀状ソフトがあります。

これらの年賀状ソフトは体験版や簡易版などの旧版が収録されており、最新の年賀状ソフトと差別化が図られていますが、フォントや電話番号辞書、文面データが無い他は製品版と同じです。
つまり、

ほぼ最新の住所録印刷ソフトが
安価に入手できるのです。

例えば「筆まめ」の場合は「筆まめVer.23ベーシック」が収録されており、最新の Windows8.1 にも対応しています。
肝心の文面データは付属している本にありますので心配いりません。

今年はコンビニの雑誌コーナーにも置いてあるようですので、ぜひご覧になって下さい。
値段も500円から1,000円ほどですのでとてもお買い得ですよ。

2012年11月 2日 (金)

年賀状ソフトは本屋で買おう!

そろそろ年賀状が気になる季節ですが、年賀状ソフトはどうしていますか?

毎年メーカーからの案内通りにアップグレードを購入している方は、
少し損をしているかもしれません。

毎年今くらいになると、本屋の一角に年賀状関連の本が並ぶと思います。
そのほとんどの本にCD-ROMが付いていて、文面用のデータが入っています。

しかし、よく見ると一部の本には年賀状ソフトの体験版が入っていて、1年くらい前のソフトがインストールできるようになっています。
旧版とはいえ、ほぼ最新版の年賀状ソフトが文面データと一緒に手に入ると言うことは、
フォントや電話番号辞書さえ要らなければ、メーカーのアップグレードを買う必要は無いと言えるでしょう。
(少し前に発売されたWindows8では動作しないかもしれませんので、メーカーの対応を見てください。)

値段も500円から1,000円ほどですので、とてもお買い得です。
差額で何か好きな物を買うなんてどうでしょう?

2011年12月 5日 (月)

いよいよ師走、12月です。年賀状の準備はいかがですか?

さて、年賀状と言えばはがき印刷ソフトですが、パソコンを新しくすると古いソフトではWindows7に対応せず、使えない事があります。
特にWindowsXP時代に買ったソフトではWindows7は対象外なことが多いのです。

前に使っていたソフトが「筆ぐるめ」の場合は、新しいパソコンに入っている事が多いので大丈夫なのですが、「筆まめ」や「筆王」はほとんどのパソコンに入っていません。
こういう場合普通は新しいバージョンのソフトを買ってインストールするのですが、
ちょっと待ってください。もっと良い方法があります。

最近本屋さんに行くと年賀状の文面データを満載した本がありますが、その中に簡易版のはがき印刷ソフトが付いているのがあるんです。
例えば「筆まめ」なら「あっという間に筆まめ年賀状 2012年版」を買えば「筆まめベーシック」が付いてきます。
「筆王」なら「筆王でつくるかんたん年賀状DVD 2012」あたりでしょうか。

もちろん簡易版なのではがきイラストフォント電話番号辞書などは付いていません。
それらが必要な場合は製品版を買うことになりますが、宛名面の印刷なら十分ですし、はがきイラストはDVDが付いています。
ソフトは最新版や去年のバージョンなので、Windows7での動作もばっちりです。
ぜひご検討下さい。

2007年11月 9日 (金)

ウイルスチェックソフトのお勧めは

ウイルスチェックソフトの新年度版が発売になっています。
MIYAのお勧めはウイルスバスターでしたが、ウイルスバスターもWindowsXP以降が対象になってしまいましたし、ノートンアンチウイルスもパソコン3台まで使用可能になりましたので、どちらをお勧めするか迷うところです。
今まで使ってきたソフトが調子良い場合はそのまま同じメーカーを使用するのが良いでしょう。
新たに購入する場合は、バスターの方が新製品のトラブルが多いようなので年内のお勧めは「Norton AntiVirus 2008」でしょうか。

期限が切れる場合にはメーカーから振込用紙が届いたり、クレジットカードでの更新を要求されたりします。 メーカー毎に対応が違いますので気をつけてください。

  • バスターの場合、今まで通りに振り込むより「更新パック」を購入して更新した方がお得になっています その方がメディアも付属する上に値段が安いのでお勧めです。
  • ノートンの場合は、更新料より新規購入の方が安い事が多いため、期限いっぱいまで使用したら新しいパッケージを購入しましょう

更新期限が残っている方も新版への移行が可能ですが、出たばかりのソフトにはバグが残っているため、まだ期限が残っている場合は来年1月頃のバージョンアップをお勧めします

2006年9月25日 (月)

ウイルスバスター2007発売

ウイルスバスター2007が発売されました。
今度のウイルスバスターはスパイバスターと機能統合され、スパイウェア関連の機能が充実したとのことです。
また、昨今のPC環境を反映して、1シリアルにつき3台(3OS)までインストールできるようになりました。
各PCにニックネームをつけて3台を管理します。

しかし、残念なことに来年1月16日から年間更新料が変更になり、今までの3,150円(税込)から4,725円(税込)に値上げになるようです。
PCが2台以上ある家庭では逆に値下げになりますので難しいところですね。

更新は半年前から受け付けているようですので、更新期限が2007年7月15日以前の方は事前に延長しておくとお得です。

Twitter

  • Twitter