« Windows10 に新しいバージョンアップ「April 2018 Update (1803)」が配布されました。 | トップページ

2018年5月27日 (日)

Windows10の新機能「タイムライン」の止め方

Windows10 のバージョンが 1803 になり、目玉の新機能 「タイムライン」 が実装されました。
これにより対応アプリの過去データやEdge等の履歴にかんたんにアクセス出来るようになり、より便利になったと言われています。

ところがこの機能、Microsoftアカウントが無いと意味が無いようで、ローカルアカウントで使用している企業ユーザーや個人の方には恩恵がありません。

また、パソコンの動作速度に影響が出る可能性もありますので、せっかくの新機能ですが止めてしまいたいと思います。

Windows10 の「設定」から「プライバシー」をクリックします。

Win10_1803_timeline_off1

メニューから「アクティビティの履歴」をクリックして、「Windows でこのPCからのアクティビティを収集する」のチェックを外します。
また、念のため「アクティビティの履歴を消去する」の「クリア」をクリックしておきます。

Win10_1803_timeline_off2

次に「設定」の「システム」をクリックします。

Win10_1803_timeline_off3

メニューの「マルチタスク」をクリックし、タイムラインの「ときどきタイムラインにおすすめを表示する」をオフにします。

Win10_1803_timeline_off4

以上です。

« Windows10 に新しいバージョンアップ「April 2018 Update (1803)」が配布されました。 | トップページ

Twitter

  • Twitter